東京駅より徒歩5APT分子免疫治療の東京MIT・アスゲンがんクリニック

  • 0120621636
  • 資料請求

0120621636

資料請求

アクセス

電話受付 月-土曜 9:30-18:30[祝日除く]

対象となる患者様

対象となる患者様

全身

あらゆるステージ・症状のがんの患者様に治療をお受けいただくことが可能です。

がん全般(末期がん、進行がん、早期がん)

再発・転移性がん

がん手術後の取り残し有無の精密調査・経過観察

※ 対象は自立歩行ができる方、お食事(流動食含む)が摂れている方となります。
※ 小児がんは対象外となります。

対応がん腫

肺がん 膵臓がん 胃がん 大腸がん 肝臓がん 腎臓がん 食道がん
乳がん 卵巣がん 子宮がん 咽頭がん 悪性リンパ腫 前立腺がん
直腸がん スキルス性胃がん 子宮頸がん 子宮体がん S状結腸がん
胆道がん 膀胱がん 甲状腺がん 舌がん 口腔がん 上顎がん
IPMN

全身

標準治療との併用が可能です

治療風景

APT分子免疫治療は、
がん標準治療(これまで治療を受けてきた病院での治療)と
併用して行うことができます。

抗がん剤治療と併用が可能です。

放射線治療と併用が可能です。

手術と併用が可能です。

当院がで行うAPT分子免疫治療は、がん標準治療(これまで治療を受けてきた病院での治療)と併用して行うことができます。

例えば、かかりつけ病院で化学療法や放射線治療を行いながら通院により当院にて免疫治療を行うといった併用治療が可能です。

標準治療との併用について

  • 化学療法(抗がん剤治療)とAPT分子免疫治療を併用するケース

    薬品

    APT分子免疫治療は、現在お受けになられている化学療法(抗がん剤治療)と併用して実施することができます。

    特に再発や転移を来した患者さんのケースでは、免疫治療と化学療法(抗がん剤治療)を併用した方が予後経過も良好となるケースが存在します。

    その重要な判断根拠となるのが、
    治療前に実施する
    高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」
    の結果です。

    がん・高度精密
    血液検査システム
    「リスクチェッカー」

    がんと闘う抗がん性サイトカインを増産し、リンパ球機能を強化。

    がん・高度精密血液検査システム「リスクチェッカー」は、全身28項目にも及ぶ精密検査から、免疫細胞の活動性やがん成長に際して増加する異常物質の状況、がん発生の素地となる異常の有無を見極める独自の総合的ながん検査です。

    この検査において体内に残存するがん細胞の活動性が著しく高いと判断されたなら、APT分子免疫治療と抗がん剤の併用も望ましいと考えます。

    一方で体内のがん活動性が比較的低く、 余命期間に与える影響も小さいと判断された場合には免疫治療を単独で行うのが通常です。

    また残存するがん細胞の活動性が著しく高まり、 体内のリンパ球活動が相対的に弱い場合には治療効果も不十分となってしまう可能性も否定できません。

    そのため、体内残存のがん活動性が著しく高いと判断されたなら、抗がん剤によるがん活動性低下とAPT分子免疫治療によるがん排除効果の相乗作用をねらい、両者を併用した治療選択が相応しいと考えます。

  • 放射線治療とAPT分子免疫治療を併用するケース

    薬品

    APT分子免疫治療は、現在お受けになられている放射線治療と併用して実施することができます。

    放射線治療はがん細胞の活動性は著しく高いものの、がん腫瘍は局所に限局する場合に併用すると良い治療方法の一つです。

    また抗がん剤が作用しにくいがん腫瘍や、脳腫瘍に対しても多く併用されます。

    ただその場合には治療順位に注意が必要です。

    当院では数多い治療経験によって、まずはAPT分子免疫治療(あるいは抗がん剤併用)を行い、その後に放射線治療を併用する事が残り余命や症状改善に効果的である事を見いだしました。

  • 手術とAPT分子免疫治療を併用するケース

    薬品

    がん細胞をすべて取り除ける早い段階でがんが発見されたなら、 まずは外科手術によって取り除く事が第一選択と考えます。

    しかしながら著しく進行し、手術不可能、あるいは再発・転移がんが発見されたケースでは少なくともその時点では手術の適応はありません。

    そのため、まずは極力早い段階から APT分子免疫治療(あるいは抗がん剤・放射線併用)を開始します。

    その治療経過において、主たるがん腫瘍が内臓を圧迫するような障害を来す時。
    あるいは免疫治療によってがん腫瘍が著しく縮小するも、時間的・経済的に外科 手術の追加が望ましいと判断された場合に、局所手術を併用する事もあります。

副作用はある? APT分子免疫治療とは? がん専門カウンセラーがお答えします。

0120621636

▲タップで発信できます▲