東京駅より徒歩5ネオアンチゲン免疫治療の東京MIT・アスゲンがんクリニック

  • 0120621636
  • 資料請求

0120621636

資料請求

アクセス

電話受付 月-土曜 9:30-18:30[祝日除く]

はじめて治療を希望される方へ

がんに勝つために
まずはご相談ください

スタッフ

がんを制するためには、すべての判断においてこれまでの治療経験がとても重要となります。
優れた治療方法であっても、的確な判断で実施されなければ意味がありません。

私たちMITグループの医師陣は、腫瘍免疫において様々な治療経験を有し、これまでの治療症例の中から患者様にもっとも効果の高い的確な免疫治療を提供しています。

お一人で悩まず、どのような些細なご質問でも結構です。
まずは私たちMITグループに相談ください。万全の体制で「患者様の治りたい」という思いをサポートしてまいります。

はじめて治療を希望される方へ

当院の宇野克明が本誌に掲載されております。

下のボタンを押すと、掲載内容を確認できます。

掲載内容を読む

副作用はある? ネオアンチゲン免疫治療とは? がん専門カウンセラーがお答えします。

0120621636

▲タップで発信できます▲

当院のネオアンチゲン免疫治療が
選ばれる理由

ネオアンチゲン免疫治療とは

プレシジョンメディシン(精密医療)時代の最新世代がん免疫治療として当院が行っている、がんの種類に合わせた選択肢の多い治療です。
自己リンパ球やミトコンドリアを活性化しておこなうがん免疫治療のため、副作用がほとんどありません。
※稀に、副作用として顔にほてりが現れる場合があります。

免疫細胞を活性化するだけのこれまでの免疫療法とは違い、がん細胞に有効な目印を立てること「内因性ペプチド誘導治療」で確実な免疫的攻撃「サイトカイン誘導治療」を可能にします。
また、これまでになかったがん細胞自体の自滅を促す「アポトーシス誘導治療」の3つの治療を同時におこなうことにより治療効果を最大限に高めます。

免疫治療

現在治療中の標準治療と併用ができる

ネオアンチゲン免疫治療は、現在お受けいただいている標準治療(抗がん剤治療や放射線治療など)と併用してお受けいただくことができます。
自己リンパ球やミトコンドリアを活性化しておこなうので、標準治療とアプローチ方法が異なるからです。

そのため現在お受けいただいてる標準治療を中止していただく必要はございません。
現在当院にご来院されているほとんどの患者様は標準治療とネオアンチゲン免疫治療を併用しています。

標準治療と併用

迅速な治療対応

ネオアンチゲン免疫治療は、初診外来当日からの治療開始が可能です。
これまでの免疫療法は、治療前に血液を採取し培養するといった治療準備が必要でした。
さらに充分に免疫細胞を培養して体内に戻しても、確実にがん細胞を見つけられないかもしれないという弱点もありました。

ネオアンチゲン免疫治療はこれらの弱点を克服し、日々成長と増殖を繰り返すがん細胞に対して確実な免疫的攻撃と、がん治療に最も大切な早期の治療開始を可能にした免疫治療です。

またネオアンチゲン免疫治療は、通院1回ごとの治療評価が可能となりますため、必ず何回受けなければならないといった制約がございません。加えてお受けいただいた治療費用のみを都度お支払いいただくので、あらかじめ治療開始時に1クール分まとめてお支払いいただくようなこともございません。

初診から治療期間は約6週間 通院は6回から7回

交通アクセス

104-0028
東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル

3F 東京MITクリニック/6F アスゲンがんクリニック

TEL: 0120-621-636

受付時間:月〜土曜09:30から18:30(祝日をのぞく)

3F 東京MITクリニック/6F アスゲンがんクリニック

JR 東京駅 徒歩5分

東京駅・八重洲南口に面した信号を渡り、向かいにあります八重洲ブックセンター横の一方通行路をお入りください。すぐ右側にコインパーキングが見えてまいりますので、当院はそちらを通り過ぎてすぐの建物です。

東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩5分

7番出口より地上に出られたらまず左に、そしてすぐの一つ目角を左折し、そのまま直進なさいますと右手にスターバックスコーヒーが見えてまいります。当院はその向かいの建物です。

副作用はある? ネオアンチゲン免疫治療とは? がん専門カウンセラーがお答えします。

0120621636

▲タップで発信できます▲